音楽業界がかわるのか?

最近、音楽を聞くようになった。昔から聞いているつもりではいたのだが、さほど聞いてなかった事がわかる。

いつもは、ラジオを聞いている。radikoで聞いているがチャンネルは東京FMかJ-WAVEであり、東京FMを聞いていて、つまらないとJ-WAVEにしている。中西哲生の番組から始まって、ブルーオーシャンを聞いて家を出るという生活だ。ラジオをつけている理由の一つは音楽が流れるからというのがある。いつも同じではない音楽がかかっている。CDのように同じ楽曲が永遠とかかるわけではない。

最近、家で聞いている音楽がかわってきたのは、レコチョクBESTっというアプリで音楽を流しっぱなしになった。スマホのイヤホンジャックからアンプにつないでいる。

音楽って、高校生、大学生まではCDを沢山購入していた。あの頃は、高校ではCDの万引きなどが問題になっていたなぁと懐かしく思うけども、いまではそんなことするまでもなくYouTubeで聞けばいいだけだ。

中学生、高校生の時には、蔦屋にいってCDをレンタルしてテープやMDに落とすようなことをしていた。高校のときには、CDウォークマンやMDウォークマンというアイテムがあって、CDやMDで音楽を聞いていた。CDを使うことが当たり前だったのだが、CDプレイヤーにCDを入れて交換して利用するのが面倒になった。大抵は、iPhoneに入っている楽曲を聞くぐらいで、リッピングするのさえ面倒と思うようにもなっている。

音楽ってあれば聞くのに、なければ聞かなくなるものです。生活に絶対に必要だというひとと、特に無くても良い人にわかれるはずです。

もしかして、いまの若い人は音楽を聞かない?という話もあるのだけども、自分たちが効かなくなってしまっていることは明らかで、音楽を購入するのはiTunes Storeと自分が好きなバンドのCDしか購入していない。

レコチョクBESTとradikoの違いは、radikoを聞いていて気になった楽曲はチェックして、CDで購入した経験があるが、レコチョクBESTは、お気に入りするけどもそこからのアクションとして次の何かに繋がりにくい。SNSはエッジが効いたバンドのSNSならば良いのだけど、みんなが好きなメジャーなJUJUや、UVERworldとかのSNSの仲間としては繋がってほしくない。この音楽を聞く人はどんなのを聞くのかっていうのは知りたかったりする。SNSよりも先にそれをやってもらいたいとは思う。好きなアーティストの、ライブやイベント情報を取得できたら面白いと思える。

どちらにしろ、私はこのレコチョクの考え方が好きだ。昔懐かしい楽曲が沢山あって、あの頃沢山きいたなぁ・・・ってのがある。彼らの戦略にそのままハマった形だ。レコード会社が出資する形で形成されているレコチョクならではの先進的なアイデアのレコチョクBESTに次の世代の音楽が見れるのか楽しみにしてます。

音楽再生リストの標準形を作ってもらいたい。QRコードで交換したり、Bluetoothや他の何かの形式でも良いどんな音楽を聞いてるのかっていうのを、上手く共有できるのは面白いと思う。楽曲単体でいいね!っていうのはあるけども、どんな感じで楽曲を聞いているのだろうかっていうのは気になる。車で音楽を聞くときに、その選局センスいいね!っていうのは、昔はテープに音楽をいれて作ったものだけども、それが新しい形にかわると面白いと思っている。

今後の音楽に期待してます。

レコチョク Best(レコチョクベスト)

2013-03-2611.06.09-2013-03-27-09-00.jpg

Leave a Reply