WordPress Front-end-Editor導入 便利になった。

WordPressであったらいいなぁと思っていた、見ている画面での編集を実現するプラグインをいれてみました。
このPluginは、Front-end-Editorというプラグインです。

実際にスクリーンショットのように、訪問者が見ている画面で直接編集する事ができるのです。編集画面に入って、どこだっけなーという時間が無くなるのと、わざわざ 編集画面に行って編集しなくてよいので編集時間の短縮にもなります。そして、編集の間違いがなくなり非常に便利です!

430afb82cf51b5d1c35252fe6aff399a.png

インストールは、通常のPluginのインストールと一緒です。
1)解凍したフォルダを、/wp-contents/plugins/ にコピーします。

2)その後、Pluginを有効にする。

3)設定としては、設定ー>Front-end-Editorの欄で「WYSIWIGエディタを有効にする」を選択する。
1105a246dc238dc176ac8d7602ac312e.png
これで終了です。

ファイルは、以下のWordPressのディレクトリにあります。
WordPress › Front-end Editor « WordPress Plugins

WordPressのバージョンが、2.8は、1.8 を使いましょう。
ディレクトリの画面で、OtherVersionを選択すると過去のバージョンが選択できます。
Front-end-Editorの1.9を入れたときにはWordpress2.8では動きませんでした・・・

コメントは受け付けておりません。