革包丁を研ぐ(包丁の研ぎ方)

革包丁を、購入してからカッターを使うときと革包丁を使うときが半分ぐらいづつになった。カッターで絶対にできないのは、漉くことです。ベルトなどの革を斜めに漉くようなことは、カッターナイフではできませんので、かなり重宝しております。
便利さでは、カッターナイフに軍配があがります。ポキポキ折れば、また新しい切れ味が復活するのですから。

本日は、包丁を研いでみることにしました。ある程度使うと切れ味が悪くなるので研ぎます。
私が購入した革包丁は、2000円程度の革包丁です。(砥石の方が高い)

包丁を研ぐのが大好きな私が、愛用しているのは荒とぎと仕上げができる#220と#800が一緒になっている砥石で、キング砥石株式会社の製品です。ステンレス包丁を研ぐものです。
最初のころは目が細かい砥石ばかりを購入して#1000などを購入していたのですが、これではかなり時間がかかってしまい、目がかけたときなどの対処が大変です。

さて、包丁は片面の面が平たくなっており、かたほうだけ研がれております。
iPhoto.jpg

1)この歯の面を研ぎます。
砥石は、まず使う前にある程度の時間水に浸けます。私の持っている砥石は2分間つけると書かれておりますので、水に浸けます。
早速研いでみましょう。まずは、#220の面で10~20往復ほど研ぎます。
iPhoto-2.jpg

以下のように、砥石の面に刃物の面を全て付けて前後に動かします。
iPhoto-3.jpg

刃物は以下のように隙間を空けてはいけません。
iPhoto-6.jpg

iPhoto-7.jpg

#220で刃物を研いだら次は、#800で研ぎます。
同様に、20回程度研ぎます。

2)最後に、裏を磨きます。2往復でOKです。裏に返った部分をおとします。
  コツはぴったりつけることです。
(#800でこれを行います。)
iPhoto-8.jpg

amazonだと、以下のような商品になります。#400で最初に仕上げて、#1000であとから仕上げるかたちです。
コンビ砥石セット (#400・#1000) AP-0305

あまり細かい目のものを購入してしまうと、研ぐのに非常に手間がかかり研ぐ作業が面倒になってしまいます。
(研いている瞬間が大好き!というかたは止めませんが・・・)

コメントは受け付けておりません。