ハッスルサーバでconcrete5を動かす→無事に動いた

前回、concrete5という便利なCMSを発見したという話を書きましたが、concrete5が安価なサーバで動かないか探していたら、どうやらハッスルサーバで動くよ!という情報があったので、早速やってみた。
ハッスルサーバは、こちらです。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ロリポップのような安価です。ロリポップでは、MySQLのバージョンが異なる事からInstallできませんでしたー(残念)

PHP5とMySQL5が使える(DBはMySQL4とMySQL5がそれぞれ1個 合計2個使えるので便利)
なんてったって、半年契約して毎月250円です。(安い!)
1年契約すると、毎月208円です。
10日間無料で使えるので、試してみて動かなかったらあきらめよう!と考えての契約です。
クレジットカード番号などを入れる必要がないので、敷居は低いです。

以下は、ハッスルサーバ(http://www.hustle.ne.jp/
phpmovabletypemtosmysqlxoopscron1.jpg

concrete5のインストール方法は、至って簡単。

1.ハッスルサーバのコントロールパネルからMySQL5のアカウントを作る
2.コンクリート5をダウンロードする。そして解凍する。
3.FTPで/www/ のディレクトリに解凍したファイルを置く。(concrete5 というディレクトリという前提)
4.ブラウザで URL/concrete5/ にアクセスする。(コンクリート5をインストールしたディレクトリ)
5.ブラウザに表示されている必要項目を入力していくだけです。

インストールしてみると、早速エラーがでる。5の途中でエラーになってしまった。
メモリが足らないよ!ってエラーなので、php.ini のmemory_limitを変更して再度チャレンジしてみました。
もともとの設定では、8MBのようですが32MBにしてみました。
php.iniは、ルートに設置すれば有効になります。
ヘルプにも書かれてます。

下の表はヘルプの内容です。
phpmovabletypemtosmysqlxoopscron1.png

以下のような内容で、php.ini を作って投入してみたらオッケーでした。

max_execution_time = 60 ; Maximum execution time of each script, in seconds
max_input_time = 120 ; Maximum amount of time each script may spend parsing…
memory_limit = 32M ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB)

再度インストールするときには、
DBも削除して、ファイルも上書きする必要がありました。
そして、インストールは無事に完了しました!

ハッスルサーバはかなり安価に利用できる便利なサーバである事がわかりました。
heteml(月額1500円)を出さないとダメかなぁと思っていたのですが、この価格で利用できるのであれば何も言うまい。
途中、ん?と思われるようなサーバ処理が遅いのかもなぁというのが見受けられましたが、無事にただいまテスト中です。

夜間の負荷がかかるようなときも大丈夫なのかは気になるところです。
ただいま、Wordpress+concrete5を稼働させておりますが、無事に稼働中です。

コメントは受け付けておりません。