iPhoneケースの作り方 2回目

ようやく記入した2回目ですが、ここで完成します。

流れは、型作りー>切り出しー>接着ー>穴あけー>縫うー>スピーカー、マイク穴あけ

1)型紙づくり

型紙はこちら
画用紙用の紙で型紙をつくります。無くても良いのですが、簡単に綺麗につくれるのと、同じ物をいくつも作るときには非常に便利です。
8cmx31cmの長方形の型を画用紙から切り出します。

iphonecase1.jpg

2)切り出し(革からきりだします)
型紙を革の上において、切り出します。このときに、かっこいい端っこがくるようにチョイスするのがポイントです。
まずは、型紙を革の上に置いて、ペンできるところの印を付けます。この場合は、見えづらい銀色のペンを利用しております。

iphonecase2.jpg

iphonecase3.jpg

3)スチール定規でおさえて切る

iphonecase4.jpg

こんな雰囲気になります!
iphonecase5.jpg

4)糊しろを記入
iphonecase6.jpg

こんな感じになります。
iphonecase7.jpg

5)糊を塗る
透明の革用のゴム糊を使います。
iphonecase8.jpg

触ってもくっつかないぐらいまで乾かします。(約5分ぐらい)
iphonecase9.jpg

こんな糸がひいている状態だと、まだまだです。
iphonecase10.jpg

6)接着
iphonecase11.jpg

ハンマーでたたいて圧着します。
iphonecase12.jpg

7)穴をあける印をつけます。

iphonecase13.jpg

iphonecase14.jpg

8)穴あけ(縫うための穴をあける)
iphonecase15.jpg

iphonecase16.jpg

iphonecase17.jpg

このぐらいの菱目打ちであけております。
iphonecase18.jpg

9)縫う
この糸を使っております。

iphonecase19.jpg

あとは、ビデオをご覧ください。

httpv://www.youtube.com/watch?v=munC4sgfOUk

10)スピーカー、マイクの穴をあける
4mmの穴をあけております。
最初に穴をあけるとどうしてもずれてしまう事が多かったので、縫ったあとにあけます。

iphonecase20.jpg

iphonecase22.jpg

iphonecase23.jpg

お疲れさまでした。
完成です!!

iphonecase24.jpg

商品として購入したいという方はこちらにどうぞ!

新宿キャットウォーク別館(オンラインショップです!)

Leave a Reply