遂に来たHP177 詰め替えインク!

HP177用交換インクがやってきました。
いまでは、
1)1色交換する 1200円
2)全色交換する 3600円
という選択肢しかなく、すごい気に入らないなぁと思ったのは、全ての色が同じ要領だけ入っていない事を知ったときです。理不尽だ。こんな理不尽な事はやめさせないといけない!そう思って、探したところ詰め替えインクというものがあった。
インクの減りを一切気にする事無く使えるようになりました。減ったインクのみ交換すれば良いのです。

後日談(2009/8/30)

1つのインクだけ変更した場合は、認識されませんでした(そのインクは認識できません。と表示される。)こんなちっこいICチッップの中にいろいろと認識する内容が入っているのだなぁと再認識しました。
交換するときは、すべてのインクを同時に交換する必要があるのとインク容量が全くもって認知されなくなりますので、目視して利用する必要があります。(サードパーティーのインクを使うので、保証しませんというメッセージが表示されます)

それからの後日談(2010/5/30)

毎日5~10枚程度は、カラーで出力しているので、かなりヘビーに使っているとは思いますが以前は、カラーを使わないように意識をしていたのですが、詰め替えようインクを使ってから、カラーもモノクロも意識しないで使うようになりました。以前の後日談から、2回ほどインクを入れました。(2回目のインク投入は先月なのでかなり持つ。その際には、減っている物もあったが、ほとんど減っていないインクもある)

詰め替えインクを導入したときには、インクの量を検知できなくなることによって、かなり印字かすれとか起こるのかと思ったのですが、思ったほどインクが減らないので、そんな心配は無用でした。1ヶ月に1回程度みれば、多少へっているなぁ・・・と思うので、半分以下になったときに継ぎ足せばよいです。以前は、カラーを印字していると、すぐにどこかの色がなくなって、インクセットを3600円以上で購入していたのが嘘のようです。
最初の投資額は高額かなぁ・・・とは思うのですが、いま思うとこれほどお得なことはない。HPのインクカートリッジは、各色毎に量が違うというすごい戦略をとっております。(これには、かなり驚いた)メーカーの戦略としては、本体を格安にしてサプライで搾取するというモデルを採用しているだけに、メーカーももっとがんばってもらいたいものです。

HP177用詰め替えインク

ink1.jpg

ink2.jpg

ink3.jpg

ink4.jpg

Leave a Reply