iPhoneのバッテリー問題について考える

#eneloop は、新しくなって、KBC-L2ASになっております。

iPhoneを使っている人は一度は当たる壁が、バッテリー問題です。
バッテリーが切れなければかっこよくていいんだけど・・・
と思うものです。

私も購入して数日で、このすぐにバッテリーが無くなってしまうのは不良品なのではないか?とも思いました。
ネットでみたら、みんな同様とのこと。しかし、不安でいっぱいなので改善方法がないものか考えたのですが、外付けのバッテリーを持ち歩くしか無い結論になりました。
バッテリー切れを解消するために、eneloopを購入して使っております。

購入したエネループは、KBC-L2Sです。このバッテリーを利用すると、2回のiPhoneの充電が可能になります。
充電切れに心配する必要はなくなります。

このバッテリーの良いところは、
1)2口ついている。しかも、500mA使える
2)USB経由で充電可能
3)白くてかわいい
4)再充電して何度も使える
5)アダプタを購入すると、携帯も充電できる(FOMAとか)
という点です。

残念な点も書いておきますね。(後日追記 2009/8/20)
×1)eneloopが、ほどほど重い
×2)KBC-L2Sに充電しながらUSB出力はできない
×3)KBC-L2Sの充電時間がおもいのほか長い(8時間程度かかる)
寝る前に充電すればよいのだが・・・
×4)充電をわすれると、iPhoneの充電ができない。(自己責任です)

iPhone3GSでも、もちろん利用ができます。
3GSでも約2回分ぐらい充電できます。
iPhoneとつきあって1年以上経過しているので、バッテリー残量が10%を切らないと充電しておりません。
※厳密には、iPhone3G → 3GSに変更してます。

eneloopを購入希望の人はこちらからどうぞ!Amazonです。もともと8000円程度するものが、5000円以下で購入できます。(Amazonで購入しました)

amazoncojpsanyousbkbc-l2skbc-l2s.png

いつも出かけるときは、eneloopとiPhoneの充電ケーブルと一緒にお出かけをしております。

安価なiPhone用のケーブルがないかな?という方に、おすすめのケーブルは100円ショップで販売されている
iPod専用コネクターと、FOMA専用コネクターです。(FOMA を使わない人は不要ですよ!)
エネループに、USBのケーブルがついているので100円ショップのコネクターに直接接続可能です。
rimg0006.jpg
なんとも210円でそろってしまうのだから安い
移動先でケータイのバッテリーがない!という人が多いので、FOMA専用コネクタを持っているだけで、私自身はもっておりません・・・LOVE iPhoneのユーザです。
バッテリーとiPhoneをつなぐとこんなイメージです。
白いバッテリーはかわいいです。(両方をポケットに入れて持ち歩くのは、出っ張ってしまって格好悪いです)
rimg00051.jpg

エネループ購入を考えているひとはこちらからもどうぞ!↓(Amazonです)
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

#追記(2010/03/08)
もっとカッコイイのが良い!という人向けに新しいブースターも発売されております。
エネループスティックです。エネループ単3電池2本でiPhoneを充電することができます。(残念ながらフル充電まではできませんが、急場しのぎにはもってこいのアイテムです)
SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS

スティックが嫌いという人は、こちらも。こちらも同様に2本の単三電池型のエネループ2本でUSB出力が付いているものです。(こちらも持っております。スティック型が売り切れだったので、こちらを購入したのですが、スティック型があったらスティック型を買ったよ!!)
SANYO NEW eneloop USB出力付き充電器セット(単3形2個セット) KBC-E1AS

Leave a Reply