気になるニュース 2009年2月24日

日経産業新聞 2009/02/24から

NTTコム カード100枚まとめて携帯
 なかなか面白いことを考えたなぁと思うのは、ケータイをタッチしてFelicaをやりとりするデバイスがあって、それをタッチするとデバイスに接続されている電子ペーパーにバーコードを表示させるというもの。
店舗は、バーコードをうまく受け入れる仕組みがあればよいだけなので展開しやすい。
1)POSにデバイスをつけるよりは早く展開できる
NTT Com、ポイントカードを携帯電話に集約、システムの実証実験を開始:ITpro

電通の広告費用発表
オリンピック需要があったので、本当に増加した要素がわかりづらいのだが明らかに、増加したジャンルがある。

媒体別としては、
インターネット 117%
衛生メディア 112% (CATVや衛星放送など)
インターネットの広告費用が折り込みチラシのシェアを超えたのが特徴的。
新聞が減少しているのだから当たり前だといわれそうですが、その通りです。
インターネットは注目されているが、伸びが鈍化している。

どんな業種がこの不況の中広告を打っているのかをみると、
(数字は前年比)
食品                                100.7%
医療品                         100.4%
趣味・スポーツ        107.8%
という感じになっており、趣味スポーツはオリンピックの影響なのか?と考えると、食品や医薬品だけですね。来期も厳しくなるので、食品のジャンルをどのように楽しいCMをつくれるか?っていうのは一つのキーになりそう。

詳細は以下のPDFをご覧ください。
2008 年の日本の広告費は 6 兆 6926 億円、前年比 4.7%減

ウエスタンデジタルが再生専用STBを発売
WD TV HD Media Player ( WDAVN00 )
外付けのUSBハードディスクをつなげて利用する機器とのこと。
面白いものを考えるものです。余っているHDDなどをつなげて中に入っている動画などを再生できる。
wdtvhdmediaplayerwdavn00.jpg
リズム時計が盗聴発見機器を販売
なんともかなしいニュースですが、19800円で発売するとのことで、盗聴っていう行為がそこまで一般化しているものなのか?女性をターゲットとのことだが、レンタルサービスなどをしたら需要がありそうだ。ぬいぐるみなどに仕込まれていたらショックを受けちゃうなぁ。
実際は、大事な商談などをするときのチェッカーが狙いなのか?(会社で仕組むなら盗聴はもっと巧妙にやるだろうなぁと思うと、個人向けか?)

リズム時計工業株式会社 – 盗聴器を発見する電波探知器『アールソナー』
9yya09az03390310.jpg
逆に興味をもったのは、どんな盗聴器が売られているのか?ってところです。

盗聴器の販売とレンタル 販売数ランキング>2009年1月
kaz-110.jpg
これが盗聴器には見えないので、まったくもってわからないですね!100~200mも使えるようなので恐ろしいです。

kdz-110.jpg

今日の気になるニュースでした!

Leave a Reply