はじめての VAIO type P (銀座でいじってきました)

はじめて銀座のSONYのショールームに行ってきたが、Type P 欲しい熱が冷めた

Sany0049

サイトで見かけた時には猛烈に欲しいと思って購入ボタンを押しそうになったのだが、本日は冷静にいじくってみた

WEBサイトで見たときに、がつーーーーんと何か衝撃を受けたのですが、頭の中に過剰に小さいパソコンのようなものを期待していたのだと分析してます。

いじくった場所は、銀座のSONYのギャラリーです。銀座のソニーの2Fの2Aだったかな。(まるで東急ハンズ渋谷店のようなフロアの作りになってます)

ファーストインプレッション
思いの外かっこいいじゃないの

キーボードについて
タイピングしたが、無理に指を狭めることなく打てます。(EeePCのような狭い感じはない)むしろ広く感じられた。
ストロークは浅い(かなり浅く 雰囲気はMacのノートのストロークのような雰囲気)
打っていて気になるところは、スペースキーで変換をするのですが、私は右のスペースキーを使うが押す度にマウスの右クリックの部分に触れて不快だった。
(実際に少しでっぱっているのではないか?)

重量
もっと軽いと思ってたんだ
それなりにずっしりくる(容積比から考えるからだ)

持ち運び
そして私の残念ながらモデルのように長くはない手でType Pを片手で持ち上げられないことはない。
しかし、そのうち持てないタイミングがあって、壊しそうだ
両手で持ち運ぼう!
確かに小さいので、バッグにいれることはできます。

何に使うのか?
完全に2台目として利用する分には良いのかと思う。
このディスプレイに長時間向かっていると,目が悪くなりそう。

文字は?
小さいが驚くほどの小ささではないが、雰囲気としては
かなり小さい。小さいモバイル好きとしては、このぐらいなら読めるさ!って感じ。

カラーは?
ホワイト、レッド、グリーン、ブラックとあるがどの色もとても綺麗だ。
買うならば、ホワイトかレッドかな

オプションのポーチは?
ナイロン製はPRADAのナイロンバッグのようにちゃちい感じです
革製もあまり皮の特性を生かしておらず、ビニールで実現できそうな質感
残念。

おまえ何者?
過去に数台バイオのユーザーであったし、テレビはブラビアだSONYは嫌いじゃない。
むしろSONY好きだ。
しかし、これは10万円という値段と比例しないと思う。
あくまで、SONY独自の技術ではないので、近いうちに他のメーカーもこぞって似たようなものを搭載していくるであろう。

正直言おう
これならAirMacのが何倍もかっこいいし、愛着がわくと思う。
※多少Appleへのひいきはありますが・・・

もっといじくってみたい人へ
もっと本気でいじってみたい人は、身分証明書をもって朝早くから並べば毎日先着10台だったらVAIO Type Pを貸してもらえるとのこと。
3BCのフロアとのことです。

Iphoto-2-1

いくつかビデオと写真を撮ってきたので、興味のある人はクリックしてみてください。
銀座のショールームでは、写真やビデオは好きにとってもOKとのことでした。

ショールームの様子

httpvh://www.youtube.com/watch?v=BgOpGRRLaF8

起動の様子(55秒程度で起動します)

httpvh://www.youtube.com/watch?v=jx7jb9goOw4

アクセサリの様子

httpvh://www.youtube.com/watch?v=HKMiLFLbLiI

Leave a Reply