新宿の街は、不景気の影響を受けているのか?

キャットウォークです。

年明けも不景気が続いている日本経済でが、この状況はいつまで続くのでしょうか?駅や電車の車内、街の看板などに広告が入らず、スペースがあいたままの状態をよく見かけます。

新宿の駅周辺は、デパートに囲まれ高層ビルがそびえ立ち、人も多く交通量も多いので見た目で不景気かどうかは分かりかねます。デパートの新春セールのために、オープン前から列を作って並んでいる大勢の人を見かけると、去年の年明けと変わらない気がします。
なので…

新宿西口駅から靖国通り沿いを、新宿五丁目に向かって歩いてみました。

スタートは新宿エルタワーの一階入り口付近からです。
新宿ハルクの前を通り西口駅方向へ直進します。

まず最初に目に入るのは、左手に見える新宿パレットビルです。
地下一階から四階まで入っていた「さくらや新宿西口駅前店」が閉店しておりました。

ph2

写真撮影後、そのまま次へと足を進めます。


靖国通りまで出て歌舞伎町を通りすぎ、新宿五丁目付近で街の雰囲気が変わってきました。
遠目からでもビル内にテナントが入っていないことや、看板などに社名や店名が入っていない事がわかるのです。とても殺風景に感じます。広告費を削っているのでしょうか。


※広告スペースが利用されていない。

寂しい看板

寂しい看板

※ビル内にテナントが入っていない。

店舗が入っていないビル

テナントが入っていないビル

店舗募集中の張り紙

テナント募集中の張り紙

※大きい広告スペースがあいている。

広告スペースは白く塗りつぶされたまま

広告スペースは白く塗りつぶされたまま

本日見たものは、「不景気」という理由によるものかどうかはわかりません。
キャットウォークの主観となりますが、好立地なビルでテナントが空いていると「不景気なんだろうな」と感じてしまいます。


新宿には、開発途中や再開発予定エリアがまだあります。
「不景気」と言われている今、
どう変化していくのでしょうか?実のある再開発になって欲しいと思います。

Leave a Reply